佐伯おすすめ観光
集まれ!わんぱく
テーマを楽しむ旅
佐伯あれこれ
やまのぼり
自然に親しむ
フィッシィング
四季おりおり
ドライブ・ツーリング
温泉めぐり
全体マップ
アウトドア
スポーツ
宿泊・食事
生産・組合
サイトマップ
リンク


佐伯観光ガイド
トップ 佐伯概要・沿革 佐伯の歴史 佐伯の自然 特産品 イベント アクセス お問い合せ

佐伯の概要・沿革 清らかで豊富な水と緑に育まれた佐伯。
味わう自然、体験する自然、眺める自然・・・佐伯にはあらゆる自然が存在します。
大峰山

佐伯の概要

廿日市市佐伯エリアは、平成15年、旧佐伯町が北部の吉和村と共に、 南部の廿日市市に合併したもので、広島県の最西部、山口県の県境に位置し、 南は大竹市、大野町、東は湯来町に隣接しています。
内陸型の気候で、寒暖の差は広島市内と比較して大きめです。
194.83km2の面積の大半を山林が占める自然の豊かな場所で、渓流釣り、登山、 ハイキング、観光果樹園、キャンプ、温泉、ゴルフ、アーチェリー、乗馬、スキーと、 アウトドアが豊富で、美しい景色も多いことから、ツーリングにも適しています。
この豊かで厳しい自然環境を利用し、産業は林業、農業が盛んで、 特に栗やしいたけは特産品となっています。また、 清流として知られる小瀬川から獲れるアマゴの加工品、 醤油の他、高品質を誇る錦鯉の産地としても知られています。
広島市内中心部から約35kmで、身近なレジャースポットとして人気があります。

佐伯の沿革

古くは厳島神社の社領として、 江戸時代に入っては浅野藩の領地として栄えた廿日市市佐伯エリアは、 当初玖島を中心に栄えましたが、山陽路が分岐する石見津和野路が整備され、 宿駅の津田十王堂が置かれると津田に移行していきました。
明治以後の経緯は次のとおりです。
明治22年 町村制施工により浅原、津田、玖島の3ヵ村が単独で村制を施工、虫所山など4ヵ村が四和村、 永原など3ヵ村が友原村、峠など3ヵ村が三和村となりました。
昭和4年 津田村が町制を施行、友原村と三和村が合併して友和村となり、 同29年大竹市の成立に伴い友和村のうち松ヶ原が同市に編入されました。
昭和30年4月 旧玖島村、友和村、津田町、浅原村、四和村の5ヵ町村が合併して、 佐伯町が誕生しました。
平成15年3月1日 廿日市市、吉和村と合併し廿日市市となりました。

一般社団法人はつかいち観光協会佐伯支部 広島県廿日市市津田858  TEL:0829-72-0449
Copyright (c) 2012 SAIKI Tourism Association All Rights Reserved.