佐伯おすすめ観光
集まれ!わんぱく
テーマを楽しむ旅
佐伯あれこれ
やまのぼり
自然に親しむ
フィッシィング
四季おりおり
ドライブ・ツーリング
温泉めぐり
全体マップ
アウトドア
スポーツ
宿泊・食事
生産・組合
サイトマップ
リンク


佐伯観光ガイド
トップ 佐伯概要・沿革 佐伯の歴史 佐伯の自然 特産品 イベント アクセス お問い合せ

山の中は都会と異なり大自然の中、自然の中は楽しさと共に危険も含みます。 これは山を安全に楽しむための初歩的な簡単な知識とマナーです。
初めて山に入る場合、山を知る経験者に同行することが一番安全です。

クマ鈴

【動物等への注意】

中国山地は月の輪熊の生息域です。 人間を襲う事は殆んどありませんが、熊、猪は出くわすと危険な場合もあり、グループでの利用や熊鈴を携帯してください。
その他にはマムシやハチ、ムカデなどへの注意が必要です。山歩きで一番の注意はハチです。 特に山中では、大きな木の根元などに巣をつくるオオスズメバチに注意してください。 秋口以降はハチが巣づくりで活動期に入ります。同じく秋はマムシも出産期に入り敏感になるようです。 ハチにでくわした場合、身を低くして逃げるのを待ちましょう。着衣は白いものが有効です。
マムシは頭が三角で文様のある胴体、腹には黒い横線のようなものがあります。水辺や湿気のあるところに多いようです。
頭は蛇のようで身体に少し赤みがかった文様があるヤマカカシも毒蛇に指定されていますが、害があったと言うことは聞きません。 チョット気の強い蛇ですが、人間を見ると退散します。 ヤマカカシの小さいときは黄色とオレンジ色で大変綺麗ですが、奥歯に毒を持ちますので指など深くかまれると危険です。 絶対に手で触らないでください。
ムカデは枯れ葉や石の下などに生息してます。腰を下ろして休む場合などは確認してください。

【草木について】

ウルシ マムシ草 草や木、キノコ類には毒のあるものもあり、自分の判断で食べる事は危険です。特に注意が必要なものがウルシです。 弱い人は触るとかぶれますので注意してください。
また、逆に貴重な植物もたくさんあります。自然のものはむやみに採取しないことが山を楽しむマナーです。
※植物は環境の変化に弱いため、採取した野草を庭や鉢で育てるのは困難です。

【トイレについて】

基本的に山にトイレの設備はありません。 山での用足しを嫌い水分補給をしない人(女性)もいますが、熱中症などの危険もあり水分は充分に補給してください。
用(小)を足す場合には「少し遅れるなどして」安全な場所「道そば」が良いと思います。 大の場合も同様に人が踏まない程度の安全な場所で、周囲を良く確かめて用足しをしてください。 用後(大)には小さな石か枯れ草などで隠してください。
ヤブの中ではマムシなど大変危険ですので絶対に避けてください。
紙類は自然分解するものを用意してください。仲間は少し先で確実に待ってください。
※ 谷川の水は飲用とされる場合もありますので、水辺は絶対に避けてください。

【其の他の注意事項】

特に注意することは火気の扱です。タバコの投げ捨てからの山火事は多く、被害も大きなものとなります。 山中での焚き火は絶対にしないこと、歩きながらの喫煙も避けてください。

チョコレート

【佐伯周辺の山】

佐伯周辺の山はあまり高い山はなく、訓練を除き重装備の必要はありませんが時々道に迷う人もいます。 初めての山では簡単な非常食(チョコレートなど)や照明、冬場には保温効果のあるものの携帯も考えてください。
山には複数の登山ルートがある山もあり、下山するときに別の道に迷い込むことは多いものです。 頂上到達時に登ってきた道を確認、記憶してください。

以上初歩的な山歩きの注意とマナーです。
少しオーバーなようですが注意して楽しむことで問題はありません。


一般社団法人はつかいち観光協会佐伯支部 広島県廿日市市津田858  TEL:0829-72-0449
Copyright (c) 2012 SAIKI Tourism Association All Rights Reserved.